FC2ブログ

北欧陶器とのシンプルライフ

日本はお盆休みでしたね。 それぞれ皆様つかの間の休暇を満喫された事と思います。
それにしても日本はうだるような暑さのこととお察ししますが、 こちらスウェーデンも北から南まで北欧人にとってはうだるような暑さ。
外に出るのもいやになるくらいの日射です。 快晴の日々が長く続いており、 庭の水遣りやプールへの配水も控えめにするようなお達しがでました。
ストックホルム北部のGävleの森では森林火災が起き、 周りの住民に避難命令が出たくらいです。
通常夏にクーラー不要のスウェーデンですが、 昨晩はさすがに我が家の帰省している大人子供達はACのクーラーをつけて寝ていました。
日本の湿度の高い蒸し暑さには比べられませんが、 日陰で34度くらい、 夜の寝室が27度となると、 さすがの北欧人ヴァイキングたちもぐったりです。


さて、 いつものことですが、 この時期6月後半から7月、 種類によっては8月上旬あたりまで収穫のできる果実類の仕事に追われています。
ラズベリーなど、 後から後から熟してくるものは良いのですが、 一辺にどっとたくさんできてしまう果実の収穫が私の頭の痛いところ。
それでも、 せっかくお庭で採れるビタミンたっぷりの果実たちはやはりいただきたいもの。
仕事は結構大変だけど、 夏の風物詩のひとつとして、 ご紹介します。


先ず1番にできるものが、 グーズべりィです。
酸味がかなり強く、 渋味もあり好き嫌いがあるかも。 ジャムにするのが通常のようです。

20180630_133131_convert_20180715214040.jpg    


グーズべりィと同時期に収穫できる白スグリです。
引越ししてきた時から、 我が家にはポピュラーな赤スグリはありません。 白スグリと黒いカシスがありましたが、 カシスは昨年お亡くなりに。
白スグリもグーズべリィ同様すっぱいので、 りんごやネクターなど甘みのある果物と一緒に合わせてパイなどにしています。
我が家の小畑の白スグリのブッシュは結構大きくなっているので、 収穫がとても大変でした。 
房状に鈴なりにできるので、 まとめて房ごと採り新たに一つずつ崩れないようにとります。

20180630_133141_convert_20180715214126.jpg


赤い茎のハスのようなルバーブも渋みがあり、 食べた後歯の裏がえぐく感じますが、 北欧では好きな人がたくさんいて我が家のように庭で栽培している家庭もたくさん。
ルバーブパイやコンポットにしてヨーグルトに入れたりします。
ルバーブも茎を引き抜けばさらに新しく茎が出てくるので、 夏中結構楽しめます。

20180630_133115_convert_20180715213953.jpg

今回は1番収穫の上記3種類をあわせ、 お砂糖をちょっと大目にして、 バニラアイスクリームを添えたパイでいただきました。

20180707_155801_convert_20180715215505.jpg


ラズベリィはたくさんできるので、 一つずつ熟し過ぎないうちに収穫です。 

20180705_165731_convert_20180715214321.jpg   20180708_082556_convert_20180715214432.jpg

こちらは甘みもあり、 そのまま頂くのが1番美味しいので、 朝1番に採って朝食のヨーグルトミューズリに入れて食べたりします。
また、 ケーキの横に可愛く添わせるのも見た目も楽しくなりますね。

20180705_204259_convert_20180715214502.jpg   20180708_083035_convert_20180715214347.jpg


1番辛いお仕事。  それは黄色いさくらんぼです。

20180715_141559_convert_20180715214617.jpg

ちょっと写真は見にくいですが、 うっそうとした木の葉の合間に小さく黄色く見えるのがチェリー。 
木の剪定を怠って数年。 もう大木どころではない、 お化けのような大きさになってしまいました。
桜の花は白くきれいですが、 温暖化のあおりで、 しっかり花も咲くのでしっかり実もてっぺんまでたくさんできています。
もちろん全部は採りませんし、 食べるにしてもコンポットなどで保存するにしても、 完璧に無理なくらいたくさんです。
この秋こそは剪定を予定しております。

20180710_154748_convert_20180715214649.jpg

でも、 とても甘くてすっぱい美味なチェリー。  毎日はやりませんが時間のある時に採れるだけとって、 先日はチェリーパイを作りました。
レシピの通り作ったので美味しかったですが、 こちらもできればそのままいただくのが本当はベスト。
でも家の者たちは興味を示さず、、、、。

そのうち鳥たちが一夜にしてすべて食べてしまう事でしょう。


20180630_134734_convert_20180715214204.jpg

ミントもありますよ。 こちらはサラダに入れたり、 特に食後のデザートがある時などにミントティーがとても美味しい。 家族全員大好きです。
ただしこちらは、 暑さのせいか数日前にうどん粉病がひどくなり、 今年は早めにだめになりました。 とても残念です。 


一年前に東京に帰郷した時、 家庭菜園の種を数種類買ってきました。 北欧で育つかしらと危惧しましたが、 ガラスのドアで囲まれたテラスが温室代わりになり、
とても早くとてもうまくでき、 小松菜、 京菜、 シソ、 葉大根を毎日のように食べる事ができ、 病み付きに。

20180715_141717_convert_20180715214718.jpg

今年は都合で、 6月の下旬にプランターに種まきしましたが、 暑い夏のおかげでテラスもかなり高温になり、 2日くらいですべて芽がでて、 
2週間経った今、 シソ以外は全部サラダなどにいれられそうでとても楽しみです。

因みにこれらの種たちはメイド・イン・イタリアでした。 日本特有のお野菜をとりあえずですが、 スウェーデンと同じ欧州の国の作った種で、 スウェーデンで蒔いて食べる。
なんか変、、、、な気分。



暑い日々が続きますが、 皆様、 お体に留意してお過ごしくださいませ。

暑中お見舞い申し上げます。








にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ilovebeach.blog.fc2.com/tb.php/661-4daa9ee0

北野陶子

Author:北野陶子
スウェーデン在住です。
普段使いの北欧陶器と雑貨の
日常をお届けします。
セールもアップします。

全ての記事を表示する

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QR