FC2ブログ

北欧陶器とのシンプルライフ

残暑お見舞い申し上げます。
日本はまだまだ夏休みの真っ盛り。 お盆休暇で帰省されていらっしゃる皆様も多いかと思います。

こちらは、 先週あたりから“典型的スウェーデンの良い夏”が始まり、 こちらで言う異常な暑さはそろそろ終わったのではないかと想像しています。
あまりの強い日差しで35度くらいの夏は私の年代以上の北欧人にとっては少し厳しいと思いますので、 ちょっとホッとしています。
でも、 その代わり、 秋が忍び寄ってきているのも少し寂しい、、、。 贅沢ですね。
典型的良い夏は20-25度くらいの快晴、、、ということですが、 典型的悪い夏になりますと、 10-20度で曇りや雨ばっかりの最悪の夏もあります。
ここ数年来、 地球温暖化かどうかは別として全世界的に暑くなっているので、 北欧も暑い夏を味わっている次第です。

ブログをご無沙汰している間に、 サマーハウスでの夏休みを過ごしたり、 結構どたばたしていました。
今回7月下旬から8月中旬にかけて滞在した典型的スウェーデンのサマーハウスライフをほんの少しアップします。
このブログも5年強になりますので、 写真などは過去のものと同じ様なものになってしてしまいますが、 さっとご覧になってくださいね。

20180726_172806_convert_20180816195420.jpg

スウェーデンの国民の50%前後が所有しているというサマーハウスでの夏休みは、 こちらの人々にとっては典型的なものです。
お休みに旅行に行ったりするのは別として、 厳しい冬や暗い季節を暮らす中、 陽が長い白夜の夏を場所を替えて自然の中で過ごす事は、
心身的にエネルギーの充電になります。

我が家のサマーハウスはスウェーデン西海岸側、 イエテボリとノルウェー国境の中間あたりにあり、 連れ合いの祖父が当時購入したサマーハウスです。
家自体はなんと築230年ほどの民家で、 当時はこの地域で初めての“サマーハウス、 別荘”となった家で本当に古いのです。 
昔の物は頑丈ですから、 まだまだ暮らすことはできるのですが、 天井が低いとか、 キッチンが少し不便などなどの理由から新築を計画していますが、 行政関係の問題事などで中々進まない状態。
という事で、 いつもブログでご紹介しているのは、 連れ合いの妹のサマーハウスライフです。
4家族の親族が同地区にハウスを所持しているので、 夏は親族付き合いです。

上の写真は義妹のハウスからの海と岩場の海岸の展望です。 ちょうど西に面しているので、 晴れている日は夕陽がとてもきれい。
悪天候でも嵐の海は自然の偉大さを彷彿させるものがあって、 本当に素敵な場所にハウスを購入できたものです。

20180801_203229_convert_20180816195303.jpg     20180726_173246_convert_20180816195531.jpg

広いバルコニーは義妹のホビーのお花でいっぱいです。  ここで何年もの素敵な夏を満喫したことでしょうか。
崖の上に建つハウスから下りれば、 1番上の写真の浜辺で小さいフィヨルド地形での海水浴ができます。 内海なので、 大波はありません。

20180802_012932_convert_20180816195941.jpg

今回の可愛いもの発見。 セールで買ったというイケアクラスのガラスの花瓶にバルコニーのお花がちょこんと活けられていました。
小学校の先生でフローリストのライセンスもある人で、 シンプルな邪魔をしないインテリアが上手だと思いました。

サマーハウス滞在中に何度も訪れる彼女の家ですが、 この日は以前は中学校の体育の教師、 当時サイドビジネスだった骨董屋さんを現在本職にしている彼女の旦那様が、
陸上の7種目競技大会という名目で親族を集めて、 夕食後のゲームを催しました。

20180801_205106_convert_20180816195716.jpg    20180802_012412_convert_20180816195904.jpg

陸上の7種目とは名目上だけで、 ただのゲーム7種目で3チームに分かれた親族対抗です。
3mくらいの雨トイの残りを2人ほどで持ち、 その先にバケツが置かれ、 雨トイの反対先からテニスボール大のボールを2分間にいくつバケツに入れられるか、、とか、
それでも結構難しかったですよ。 雨トイをどの角度に抱えれば良いかがポイントでした。
上の最初の写真はチームの2人が一人は目隠しをし、 もう一人がその人を障害物(椅子など)をいかに通りぬけてできるだけ速くゴールに到着させるゲーム。
導く人は、 ただ話して導くのではありません。 プラスチックの5cmくらいの短いストローを口に挟んでいるので、 ちゃんとしゃべれないんです。
それをいかに目隠しの人が聞くかも時間のかかる事になります。 おまけにどういう訳か、 導く人は帽子をかぶらなければいけません。 理由は不明(笑)。
バルコニーでのゲームは、 水の入ったペットボトルを海側のスタート位置から、全部のボトルを倒して いかに速くこちらまで到着できるかの競い合いです。
もちろんただ倒す訳ではありません。  水の入った風船に1mほどのひもをつけ、 先っちょを口でくわえられる様にして、 口と首から上の筋肉で風船を揺らしてボトルを倒します。
それが、 中々うまくボトルに当たらないんです。
等などの7種目で、 私もそのうちの3種目に出ましたが、 義妹の旦那様のユニークなアイデアにはいつも感心させられます。
アイデアを練って、 小道具を買いに行ったり、 結構大変です。 このような事を計画するのが大好きなのでしょうね。 
こういう人が一人いると楽しい時間が共有できますね。 笑いっぱなしの小一時間でした。

その後は、 皆で持ち寄りのスナックとワインでお口の運動。
7種目競技の体力と笑いでウォーミングアップした後のおしゃべりもとても楽しいものになりました。

20180801_214910_convert_20180816195816.jpg

ワンちゃん達も満足。

20180802_012207_convert_20180816200032.jpg








20180801_223838_convert_20180816200241.jpg

この日も暖かく気持ちの良い夜がやってきました。








にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ilovebeach.blog.fc2.com/tb.php/663-ebbb120a

北野陶子

Author:北野陶子
スウェーデン在住です。
普段使いの北欧陶器と雑貨の
日常をお届けします。
セールもアップします。

Instagram(インスタグラム)はこちらから。

全ての記事を表示する

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QR