FC2ブログ

北欧陶器とのシンプルライフ

今回は訳ありのコーヒーポット クリスティーナです。
数年前のセールアップでも書いたのですが、 ジャカランダのハンドル/蓋つまみ及びフォームなど、 すべて同じなのに前回のハリウッドと違う名前のクリスティーナ。 
理由はわかりませんでした。 何しろ1959年製造開始ですから、 あの時代の状況がどうなっていたのか、、、
ご存知の方がいらっしゃったら教えていただきたいです。

さて、 訳ありでもまだまだ見栄えも気になるほどではないし、 使用には全く問題のないポットです。 キッチンのインテリアにしてもまあOKではないでしょうか!
とりあえず、 数年間日常で多少使ってきたという程度の使用感のあるアイテムです。

DSC_2133_convert_20180929222347.jpg

写真の右にあるのが今回のクリスティーナです。


〈ニルスヨハン社製 クリスティーナ ステンレスコーヒーポット〉

DSC_2115_convert_20180930001800.jpg     DSC_2116_convert_20180930001830.jpg

     デザイナー・・・・・・・・・・・・・・・・・・Adam Thylstrup
     製造期間・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1959-1970年代前半
     サイズ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・口径 8.7cm、 ボトムの直径 13.5cm × 注ぎ口からハンドルまでの最長幅 20.0cm × 高さ 18.8cm、 600g


DSC_2118_convert_20180930001918.jpg     DSC_2121_convert_20180930002030.jpg


     コメント・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・上の写真でジャカランダのハンドルの使用感が見えます。 ただし大きな傷はありません。
                         ステンレスの側面も全体的に薄く、 洗浄時の軽い擦れが見受けられ、 前回35番のポットの側面のようなピカピカの度合いが少し鈍ります。


DSC_2120_convert_20180930002059.jpg

                         クリスティーナとロゴマークの周辺でも擦れが見えますね。


DSC_2122_convert_20180930002124.jpg

                         ボトムは写真のとおり、 擦り傷で使用感が見られます。 大きな傷はありません。
                         以上は外傷ですが、 このアイテムの最大??の訳ありの不具合は、 この底面にあります。
                         触っただけでは全く感じないくらいの微妙なものですが、 どうも中央部分がその周りの部分より盛り上がっているようです。
                         タオルだの何も敷かないで平らなところに置きますと、 ハンドルを左右に振るとくるくる動きます。
                         だからといってバランスが取れないとか悪い訳ではありませんが、 底面が完璧にフラットではないという事なのでしょうね。
                         これも使用には全く問題ありませんが、 明記すべき不具合だと思いますので、 訳ありとしました。
                         昨日土曜日にアップ出来なかったポットの内側の写真です。

DSC_2162_convert_20180930211000.jpg     DSC_2163_convert_20180930211027.jpg

                         使用感が見られ、 ボトムに少し黄みを帯びているところと、 洗浄のため表面にかすった後が残っています。
                         傷は全く深くなく、 表面は指で触れても傷の感触はありません。


DSC_2151_convert_20180930211055.jpg     DSC_2152_convert_20180930211113.jpg

                         側面はやはり洗浄時の軽いスレ跡が見えますが、 中間あたりにメタルの色の変化があります。
                         ステンレスを高温にあてた時にできる薄い変色のような感じで、 コーヒーの汚れではありません。


DSC_2124_convert_20180930002207.jpg

                         蓋も本体と同様、 洗浄時の硬いスポンジなどの使用による擦れが見受けられます。

                         以上のボトムのバランスの不具合と側面の外見上の細かいスレ傷がこのクリスティーナの主な訳ありということになると思います。
                         フォームはとても素敵、 ジャカランダもポイントになり、 見た目で中古品としてそれほど大きなマイナスになるとは思えませんが、
                         一応、 10星のうち7つ前後と見てよろしいのではと思います。
                         お値段を考慮して、 それでも大丈夫という方にお願いしたいと思います。


     ¥4,000 + ゆうパック または 定形外規格外郵便 ¥700
                  
                 

                      





にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ilovebeach.blog.fc2.com/tb.php/708-23957677

北野陶子

Author:北野陶子
スウェーデン在住です。
普段使いの北欧陶器と雑貨の
日常をお届けします。
セールもアップします。

全ての記事を表示する

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QR